Just another WordPress site

共同代表 金城葉子

  • HOME »
  • 共同代表 金城葉子

40年前、17才だった私は米兵によって性暴力を受けました。

2012年10月、私の体験が沖縄タイムスに記載されたのを機に、いかに性暴力被害者が多いかを知り驚きました。

性暴力を受けるのは特別な人ではなく、また加害者は米兵だけではありません。むしろ被害者も加害者も私達のすぐそばにいるのです。

声を上げる事が出来ずに苦しんでいる人達がいます。もし、あなたがあなたの大切な子どもが孫が友人が、性暴力にあったらどうしますか?

私はその後情緒不安定になり精神科にも行きましたが、事件の事はどうしても話す事が出来ませんでした。

もしその時にワンストップ支援センターがあったら、その後何十年も苦しまずにすんだかもしれません。

性暴力にあった被害者がすぐに連絡が取れ、被害者を中心にスタッフが速やかにサポートできる施設が必要です。それは365日、24時間態勢でなくてはなりません。

米兵による暴行事件が起きる度に県民は一致団結したではありませんか。
そのパワーで是非ワンストップ支援センターを早急に実現させたいと思います。

恐ろしい犯罪者を野放しにしてよいのですか。
110番、119番、そして性暴力被害者緊急の番号を皆の携帯に。

480971_566208203404632_1600931611_n (1) 沖縄タイムス掲載写真

「ワンストップ支援センター」設立を強く望む会 共同代表 金城 葉子

  • facebook