Just another WordPress site

当会が目指す「ワンストップ支援センター」

  • HOME »
  • 当会が目指す「ワンストップ支援センター」

 

①   24時間・365日体制のホットラインを設置すること。

②   アドボケーター(支援者)の常駐。

③   夜間も診察している産婦人科のある総合病院であること。

・24時間診察と、継続診察が可能

・中絶手術が可能

・入院治療が可能

・被害者と支援者の安全確保が可能

・他科への紹介が可能

④その総合病院内にホットライン・支援者・診察室等一連の流れが一か所でで       きること。

⑤   診察室等は被害者のプライバシーを守るため、隔離された部屋であること。

⑥   いつでもかけつけられる産科医がいること。

⑦   弁護士・精神科医・カウンセラー・警察・児童相談所等と連携できること。

⑧ アドボケーター(支援者)・電話相談係の養成と育成・定例ケースカンファ  レンス(最低月1回)及びスーパーバイズ(個別に随時)(二次被害を出さないために)。

⑨   当事者の視点に立って支援すること。

 

※上記は性暴力救援センター・大阪(SACHICO)資料参照

 

⑩   全て公費から出すこと。

⑪   ボランティアに頼らないこと。

支援員・コーディネーター(例・時給1000円)、常時二人以上常駐。

⑫   生活が困難になった場合など、公的援助をすること。

 

  • facebook