性暴力:強制わいせつ 男性被害者は毎年111〜300人

 

 警察庁の統計によると、全国の警察が認知した過去10年の強制わいせつ事件で、男性被害者は毎年111〜300人出ている。被害全体に占める割合は2〜3%だ。

性暴力の被害者支援に取り組む「レイプクライシスセンター つぼみ」(東京都)では2012年4月〜13年11月、22人の男性から相談を受けた。中高生のいじめに伴うケースが多かった。代表の望月晶子弁護士(東京弁護士会)は「男性向けの相談窓口がほとんどない。実際の被害者は相当多いはず」と指摘する。

神戸市西区の「性暴力被害者支援センター・神戸」は13年11月、山口さんを講師に招き、男性相談者を想定した初の研修会を開いた。藤井伸子事務局長は「心の傷に男女差はない。男性は傷つかないという誤解を取り払い、支援窓口を増やすべきだ」と提言する。【宮嶋梓帆】